第3回ホンヨモ!書評 入選作品発表
 最多206点の応募の応募

 読者参加の書評企画「ホンヨモ!クラブ」は今回で3回目。対象4図書に過去最多となる206点の応募の応募がありました。上位各2点の作品をご紹介します。

 「刑事雪平夏美アンフェアな月」には、主人公のオンナっぷりに共感したのか、女性の力作が目立ちました。藤牧さんの評は骨太な物語の中にあるせつなさ、感情の揺らぎをうまくすくい取っています。なぎのさんは人物描写や装丁にも注目し、小説の面白さを伝えることに成功しました。

 「東京タワー」は、母親への思いを刺激するため、評は過剰な感情表現と装飾的な言葉が多用されがちです。そんな中で、山本さんの作品は抑えた筆致で母子の愛情を書いて好感が持てました。宮木さんは母子の愛情以外の視点を入れて成功しています。

 「ツギハギ姫と波乗り王子」の永井さんは、作品から受け取ったメッセージを自身の言葉で表現。ななさんは登場人物だちと同世代の女性らしく、主人公の寄り添った目線で作品の魅力を伝えています。

 「居眠り磐音江戸双紙野分ノ灘」の評は主人公の筋を通す生き方に共感を示すものが多く、いずれ劣らぬ出来でした。遠山さんは「日本人」「現代人」の視点から磐音の魅力を冷静に分析。福島さんは物語の構造を解き明かすスタイルで、いまなぜ磐音かを語っています。

 これからも、読者の皆様が良書と出会うお手伝いができればと思います。次回の「ホンヨモ!クラブ」にご期待下さい。

【まとめ・東京本社学芸部長・大川勇】

 開催スケジュール

 第3回目は2007年2月26日(月)に締め切りました。
 発表は2007年3月18日(日)毎日新聞紙上(予定)

 主催・協賛・協力

主催 

毎日新聞社広告局

協賛 

河出書房新社幻冬舎扶桑社双葉社

協力 

トーハン旭屋書店紀伊國屋書店三省堂書店ジュンク堂書店ブックファースト丸善八重洲ブックセンター有隣堂リブロ

 お問い合わせ先

毎日新聞社「ホンヨモ!クラブ」事務局
TEL 03-3212-2272(土・日・祝日を除く10時~17時)

 
Copyright 2005-2006 THE MAINICHI NEWSPAPERS.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します