ジャンル別一覧ページへ
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ

ISBN:4620322695
シャボン玉 日本 迷走の過ち、再び
シャボン玉 日本 迷走の過ち、再び
ISBN:978-4-620-32269-8
野坂 昭如:著
毎日新聞社
定価:本体1,300円(税別)
ぼくはこのところ

何やらうすら寒い


特定秘密保護法の可決、
集団的自衛権の閣議決定近頃あの時代の空気そのままに甦ろうとしている気配がある。
今、日本人が試されている。


…………………………………………………………………………

憲法の解釈だけを変えて
誰も責任を持てないまやかしはやめた方がいい。
時の権力ごと解釈を変えるなど、世の中は戦前に戻るだろう。
(本文より)
…………………………………………………………………………

ファン待望の最新時評エッセイ。

<四六判/272頁>

【もくじ】
Ⅰ 
■憲法■
戦時下の日本に戻るのか――特定秘密保護法
戦争を想定する――日本国憲法
日本は何を守るべきか――憲法改正
なぜ、そんなに急ぐのか――集団的自衛権

■戦争の記憶■
甦る、戦争の気配――空襲の月
生き延びてはじまる試練――敗戦記念日
反戦を確かめる旅――沖縄へ
犠牲者の声を聞け――敗戦の記憶
戦争と女性と人権――従軍慰安婦
危険に目をつぶる大人たち――原子爆弾と再稼働
原発再稼働
飢えと深い闇と――神戸空襲
爆音――音もなく降り注ぐ災い・空襲
父との夏――焼け跡の記憶
チョコの味

■政治■
末期症状――政治の成熟、ほど遠く
国政と都政――都知事選告示に思う
浮かれている場合か――東京五輪決定
過激な物言いは危険――民主党のていたらく
戦後の矛盾――参院選・自民圧勝

■外交■
政治家の失言――日米開戦七十年
日米首脳会談
日中国交正常化から四十年
戦力とは、自衛とは何なのか
9・11以後

■日本の農■
食の主導権がない日本――TPP
「経済活性化」という言い訳――TPP交渉参加
農を棄てる気か――田植えの時期に思う
実りの秋
農協改革――大地を守る人の声を聞け
グローバル化は勇み足
自前の農――遺伝子組み換え食品
土も言葉もあやふや――土地の日

■地震・原発■
原爆と原発――迷走の過ち、再び
地震予知――確率より、各々の心構え
教訓どう生かす
防災の日――人災を考える
忘却への警告――地震列島
日本人が試されているゴミと原発
失った物を支えに
教訓
停止避ければまた依存――原発再稼働
収束は国民が決める



■自然・科学■
科学者――STAP細胞とは何だったのか
薬品漬け
自然への畏れ、希薄に
使い捨て社会のツケ――トンネル崩壊
公害と自然破壊

■日本という国■
礼儀への憧れ
スポーツとスローガン
民放育ち
宝塚
正月の団欒
文化の日
暮らしの知恵、工夫

■高齢化社会■
脳梗塞
シャンソン
雪で孤立する恐怖
敬老
古き良き日本を思う
正月の迎え方
弱者淘汰

■若者たちへ■
豊かさが生んだ殺風景――いじめ
暴力・体罰
ストーカー殺人
メール
新社会人
占い
危険ドラッグ
安全神話を疑え
でこぼこ道、歩む気概を
少子化

 
Copyright Mainichi Shimbun Publishing Inc.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞出版またはその情報提供者に属します