ジャンル別一覧ページへ
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ

ISBN:4620322598
エリートたちの読書会
ISBN:978-4-620-10804-9
村上 陽一郎:著
毎日新聞社
定価:本体2,200円(税別)
真の「教養」とは何か。真の「読書」とは何か。

世界のエグゼクティブが集う読書会「アスペン・セミナー」の精神に則り、アリストテレス、芭蕉などの古典の神髄に触れる読書術を伝授する。

<四六判/248頁>

アスペン研究所
アメリカの企業人W.P.ペプケは1949年に、風光明媚なコロラド州アスペンでゲーテ生誕200年を祝うイベントを催した。その会議にはシュヴァイツァー、オルテガ、ルービンシュタイン、ソートン・ワイルダーなどの広範な領域の著名人が出席した。それがきっかけとなり、毎夏、予め選定された古典を読み合い、意見を交換し合うセミナーが開催されるようになった。
1970年代後半に相次いで参加した日本の企業人、ジャーナリストたちは一様に大きな衝撃を受け、日本にアスペン研究所を立ち上げることとなった。1998年のことである。ほかにドイツ、イタリア、フランス、インド、ルーマニアにも研究所が設立された。

 
Copyright Mainichi Shimbun Publishing Inc.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞出版またはその情報提供者に属します