ジャンル別一覧ページへ
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ

ISBN:4620321060
死と滅亡のパンセ
ISBN:978-4-620-32106-6
辺見 庸:著
毎日新聞社
定価:本体1,300円(税別)
●【巻頭詩】太古から曳いてきた未来の音
Ⅰ死と滅亡のパンセ――神なき瓦礫の原にて
声の奈落――ニッポン語という残響
Ⅱ破滅の渚のナマコたち――亡命と転向と詩(キリヤット・F・コーエンとの会話)
Ⅲ『眼の海』をめぐる思索と想念
Ⅳ標なき終わりへの未来論――生きのびることと死ぬること
Ⅴ神話的破壊とことば――新たな内部へ
非情無比にして荘厳なもの
置きざりにされた記憶――廃墟からの歌声
無限の前に腕を振る
幻燈のファシズム――震災後のなにげない異様
影の行列と眼に刺さる星々
Ⅵ「人間存在の根源的な無責任さ」について――災禍と言葉と失声
●世界の終わりと新しい言葉――あとがきに代えて
<四六判/192頁>
 
Copyright Mainichi Shimbun Publishing Inc.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞出版またはその情報提供者に属します