ジャンル別一覧ページへ
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ

ISBN:462032079X
明治二十九年の大津波 復刻・文藝倶楽部臨時増刊「海嘯義損小説」号
明治二十九年の大津波 復刻・文藝倶楽部臨時増刊「海嘯義損小説」号
ISBN:978-4-620-32079-3
坪内 祐三:編
毎日新聞社
2,310円
2011年3月11日を経過したあとで改めて目を通すと、
まったく別のものとして見えてくる。(「解題」より)

M8・5、死者3万人以上を出した明治三陸大地震。
森鷗外、田山花袋、幸田露伴、尾崎紅葉、ヴィクトル・ユーゴーら、
当時の文豪たちが海嘯義捐小説を寄稿。
日本の雑誌ジャーナリズムの過渡期に生まれた、
類まれな一冊をここに復刻。
いま、同様の惨状を前に、明治の日本人と邂逅する。<四六判/240頁>
 
Copyright Mainichi Shimbun Publishing Inc.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞出版またはその情報提供者に属します