ジャンル別一覧ページへ
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ

ISBN:4620903221
佛教藝術 312号
佛教藝術 312号
佛教藝術 312号
ISBN:978-4-620-90322-4
佛教藝術學會:編
毎日新聞社
定価:本体2,800円(税別)
東洋美術と考古学の研究誌。斯界の泰斗から気鋭の研究者、さらには若き学研の徒まで、毎号多彩な執筆陣が筆を振るう。
◇「黒漆八角宝珠箱の金銀泥絵像とその意味」(泉 武夫・東北大学大学院文学研究科教授) ◇「石山寺多宝塔柱絵の図像と表現」(林  温・慶應義塾大学文学部教授) ◇「山梨県一蓮寺所蔵『絹本著色釈迦三尊十八羅漢図』について――その東アジア絵画史上の位置――」(増記隆介・文化庁文化財部美術学芸課文化財調査官)
<B5判/108頁>

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139606/49526653

この記事へのトラックバック一覧です: 佛教藝術 312号:

 
Copyright Mainichi Shimbun Publishing Inc.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞出版またはその情報提供者に属します