ジャンル別一覧ページへ
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ

ISBN: 4620318639
きもちのこえ 十九歳・ことば・私
きもちのこえ 十九歳・ことば・私
大越 桂:著
毎日新聞社
(2008-03-29)
1,575 円

話せない。体を自由に動かせない。でも生きてる。
12歳で初めて言葉を下界へ伝えることができた女の子が綴る、
奇跡と感動の自伝エッセー。
<四六判>

2011年11月9日の朝日新聞の『ひと』欄で著者が紹介されました。
今国会の野田首相の所信表明演説で、震災ひと月後に著者が書いた詩「花の冠」を引用したことで注目を集めています。

 小さな小さな種だって
 君と一緒に育てれば
 大きな大きな花になる

この本は、難病を患いながら創作活動続ける著者の生まれてから創作活動を始めるまでの半生を綴ったものです。
引用の詩は掲載されていませんが、ぜひいろんな方に手にとってもらえればと思います。


投稿: 出版営業部・H | 2011/11/09 11:52:35

コメントを書く






この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139606/40652137

この記事へのトラックバック一覧です: きもちのこえ 十九歳・ことば・私:

 
Copyright Mainichi Shimbun Publishing Inc.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞出版またはその情報提供者に属します