第18回 毎日俳句大賞 応募要項
毎日新聞社の新刊
ジャンル別一覧ページへ
小説の一覧へ ノンフィクションの一覧へ 写真集・豪華本の一覧へ コミックの一覧へ ニュース検定・公式テキストの一覧へ 児童書の一覧へ Mainichi Business Booksの一覧へ 教育・趣味・実用の一覧へ 佛教芸術の一覧へ 毎日ムックの一覧へ 別冊・増刊の一覧へ
ISBN:4620322741
稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術
ISBN:978-4-620-32274-2
勝間 和代 :著
毎日新聞社
定価:本体900円(税別)
「稼ぐ話力」とは「お金を稼げるレベルの話力」のこと。
営業、販売、企画、接客などあらゆる職種の人に求められるビジネススキルです。
実際、自分が思う以上に「話力がある・ない」は「仕事ができる・できない」にかかわっています。その力を向上させれば、仕事で結果を出し、キャリアアップや年収アップにもつながります。 ところが、多くの人はプレゼンテーションをきちんと学ぶ機会がありません。
本書では、著者が会社員時代から現在まで、セミナー、講演、メディア出演など1万回以上仕事として人前で話をしてきた実践の中から、本当に伝わる話し方、その訓練方法についてお話しします。

<四六判/200頁>
ISBN:4620108073
笹の舟で海をわたる
ISBN:978-4-620-10807-0
角田 光代:著
毎日新聞社
定価:本体1,600円(税別)
終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が一緒だったという。風美子は、あの時皆でいじめた女の子?「仕返し」のために現れたのか。

欲しいものは何でも手に入れるという風美子はやがて左織の「家族」となり、その存在が左織の日常をおびやかし始める。うしろめたい記憶に縛られたまま手に入れた「幸福な人生」の結末は――。

激動の戦後を生き抜いた女たちの〈人生の真実〉に迫る角田文学の最新長編。あの時代を生きたすべての日本人に贈る感動大作!
<四六判/408頁>
ISBN:4620108065
かぶく 織田左馬助 自由狼藉一代記
ISBN:978-4-620-10806-3
典厩 五郎:著
毎日新聞社
定価:本体1,850円(税別)
「かぶき者」ニューヒーロー誕生!
信長の甥にして、一族きっての異端児。関ヶ原以降、かぶき者の中でひときわ異彩を放ち、京洛を騒がせた織田左馬助(おださまのすけ)。有楽の息子で、秀吉、淀殿、家康、結城秀康など時の権力者をも魅了した人間性、権勢に背を向け、愛と自由に生きた破天荒な生涯、これまで書かれなかったその人物像に迫る本格歴史小説!構想以来30年、熟練の筆が満を持して放つ渾身作。
<四六判/440頁>
 
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します